人はどうしてネットで誹謗中傷をしたがるのか!?その内容を論理的に分析!

人は自分自身の存在価値を求める生き物

誹謗中傷を知るためには、人はどうしてその様な行動を取るのかを知る事が大切ですよね。誹謗中傷と言うのは、病的な病を持ち合わせた方が脳の障害によって起こしているのでは無く、健全な方の心理的な働きによって起こされている物です。誹謗中傷と言うのは、悪口として現す事も可能であり、悪口とは相手の評価を著しく損ねさせる内容と言えるでしょう。学校のテスト内容もそうですが、人には自分自身の価値を高めたいと言う欲求がありますよね。ある意味これは、この世界で生きる自分自身に対しての存在価値として現す事も可能です。価値は高い方が望ましい物であり、高い価値を作り出すためには低い価値を作り出さなければなりませんよね。つまり、誹謗中傷とは、自分自身の価値を高めたい欲求が作り出すための行動であり、誹謗中傷によって相手の価値を低くさせるための行動と言えるでしょう。

誰もが誹謗中傷を行う潜在的な思いを持ち合わせている

私達人と言うのは、勝負事が大好きですよね。国際試合などのスポートにおいては、多くの国民が一丸となって応援する事もあります。もちろん勝てば嬉しくなる物であり、負ければ悲しくなります。これも実は自分自身達の価値を高める心理的な働きが働いていると言える物であり、勝てば価値が高まっている様な思いに浸り、負ければ価値が下がった様な思いに浸りますよね。誹謗中傷を行なっている方も、自分自身が勝負事の様に勝った様な思いに浸り優越感を感じていると言えるでしょう。負ければ価値が下がると言うのは、社会でも常に生じ易い内容であり、それは一種のストレスとして現す事も可能ですよね。ストレスを抱えている人と言うのは、自分自身の価値が低下していると感じている場合もあり、自分自身の価値を高めるために潜在的に誹謗中傷を行ないたい思いを抱えていると言えますよ。

誹謗中傷は快感を作り更に快感を求める

誹謗中傷を行なって自分自身の価値が高まる思いに浸る内容と言うのは、そこに快感を作り出す事もありますよね。人と言うのは、強い快感を得れば、同じ快感を求める行動を引き起こす事もありますよ。例えば、とても美味しすぎるケーキを食べた後、再びそのケーキを食べたいと思う衝動の様な姿です。快感を作り出す内容が他にもあれば、違う内容で快感を満たす事が出来ますが、誹謗中傷のみにしか快感を得る事ができなければ、再び同じ行動を起こしてしまう可能性がありますよね。現在は、ストレス社会とも言われている時代でもあり、ストレスを抱えない様に、誹謗中傷意外の内容で快感を得てストレスを緩和させて行く事が大切と言えるでしょう。誹謗中傷を行なっている方と言うのは、自分の姿がよく見えていない事もあり、この様な知識を自分自身を映し出す鏡として扱う事によって、自分の行なっている行動が恥ずかしい行動だと気づくきっかけにする事も可能です。

インターネットでは、どうしても誹謗中傷や悪い口コミが書かれてしまうことがあります。逆SEO対策をして、そんな気になるサイトの順位を下げましょう。