個人でホームページを作成する時代はもう今は昔?

2000年頃迄は個人サイトは自作ホームページが主流

パソコンを初めて買った時、いろんな機能を試したくて慣れない手つきで友達にメールを送ってみたり、知らない人とチャットをしてみたりしていろんなことができるようになっていきました。そのうちに旅行記や趣味などを披露したいがために個人のホームページを作りたいと思ったものです。そんな時、昔はホームページビルダーなどの作成支援ソフトを使用しつつ、あれやこれやと四苦八苦しながらやっとこさサイトを立ち上げ味わう達成感。そして作成したホームページにBBSを設置し、同じ趣味の人と交流し、相互リンクをしたりネット上のつながりも出来てホームページを作成してよかったと思うこともありましたし、何より一生懸命立ち上げたホームページはとても愛着がありました。

簡単に作れるブログ機能が誕生

ホームページでの交流を楽しんでいたある時、友人のサイトがブログに代わっており、なにやら無料で登録し簡単にブログ作成ができるとのこと。試しで作成してみたらなんといとも簡単に日記が作成できること。今まで四苦八苦して作成したホームページはなんだったの?と言わんばかりにサクサクできていくのを見ると簡単に作成できる驚きとオリジナリティが減ってしまうのではという少しのもの悲しさを覚えたものです。だけど時代は進んでいく、ブログにも慣れたころまたまた時代の変化がやってきました。

時代はSNS。懐かしのホームページはいずこへ

ある時、友人からミクシィなるものの招待を受け、登録してみた。ブログに似ているけどコミュニティやゲームなども楽しめる新感覚ないわゆるソーシャルネットワークサイトでした。招待された人しか利用できず特定の人にしか見られないのでその面では安心だったし友人同士の公開も制限できるという何とも便利なものでした。この時ちょうど出産したので同時期に出産したママさんとのコミュニティで悩みを相談できたりたくさん活用していました。さらにSNSは進化を遂げ、今ではTwitterやFacebook、インスタグラムなどいろんなSNSが出てきて私も時代に逆らわずまんべんなく利用していて本当に便利になったけれど、最近またあの四苦八苦して作ったオリジナリティあふれるホームページを懐かしく思ったりもしています。

ホームページ作成をするときに大切なことはアイデアを盛り込むことです。面白いコンテンツを充実させれば多くの人が訪れてくれます。