自分ですぐできる!ネット誹謗中傷を防ぐためにしておきたいポイント

意見をまとめてからコメントする

ネット上では、ひとつのコメントだけで大きなトラブルに発展してしまうことってよくありますよね。自分の意見がしっかりまとまっていないうちにコメントすると、文章も不充分になってしまいがちです。ときには、自分が思っていることが相手にうまく伝わらない恐れもあるでしょう。文章は読む人によって受ける印象も変わりやすいものです。トラブルを防ぐためにも、なるべく多くの人に理解してもらえるような文章を考えるのも大切ですよ。

迷ったときはコメントしない

ネットは年代を問わず、いろいろな人がコメントしやすいのも特徴でしょう。もちろん、誰でも気軽にコメントができるのは楽しいことなんですが、価値観って人によって違いがありますよね。気軽にコメントしてみたら、返信が来て議論になってしまうということも珍しくありません。自分の思い通りにいかないと、ついイライラしてしまいますよね。コメントしようか迷っているときは、無理にコメントしないでそのままにしておくのも大事ですよ。

匿名でもしっかりモラルを守る

ネットでは、匿名でコメントすることがほとんどでしょう。しかし、事件などのトラブルが発生したときには、匿名のコメントから本人の特定がされていますよね。コメントが匿名だとしても、本人であることの証拠はしっかり残っているんです。そのため、匿名でコメントするときでも、自分の意見としてしっかり責任を持って発信するのが大事なんですよ。匿名だとつい気を抜いてコメントしてしまいがちですが、最低限のモラルはしっかり守りましょう。

サジェスト対策では、初期投資無料で実施してくれるところがあるので安心・安全に活用することができます。