適度に大事!?プライバシーの守り方とは?

プライバシーを守る為に

人それぞれに自分のパーソナルスペースは大事ですよね。自分だけの時間、自分だけのスペースはないとダメな人は多いでしょう。その位自分一人の時間を作ることは大事です。いくら悩んでいて人に話を聞いて欲しい時でも、話を聞いてもらった後には自分一人で考える時間が必要なはずです。その自分一人で考えて結論を出すことができるので、どれだけ悩んでいても最後は自分で決めるのですから、一人の時間は誰にでもなくてはならないものなのです。

自分だけの居場所になるプライバシーな場所

人のプライベートに簡単に入ってこれてしまう人は最近の言葉でいうと、空気の読めない人です。そういった人は若者だけではなく、中年や高齢の人達にも同じように多いのです。人のプライバシーに関与するのはそれなりの関係にある人で、その人本人が了承している人のみが入ることの許される場所になりますので、容易に関係のない人が入ってくるのはプライバシーの侵害になります。これは心の中に土足で入り込んでくる程失礼極まりないことですので気をつけましょう。

プライベートな場所に入るには

そんな人のプライバシーですが、どうすれば入ることができるでしょうか。はたまた、人のプライバシーに入り込もうと思うのでしょうか。皆誰にも話せていないようなこと位あるでしょう。それをあえて誰かにはなさなければならない必要はありません。プライバシーには誰も入れなくてもいいのです。なのでその場所にどうやれば入れるかを考える人は何か怪しささえ感じるので関係を考えた方がよいでしょう。そうやって土足で入り込み、荒らすだけ荒らしてしまう人もいるのですから。

シュレッダーは機密書類の処分に便利です。そして、その粉砕された屑もポリ袋に詰めれば、コストのかからない緩衝材として利用できます。