最も融通が利く副業はこれ!?Webライターで賢く稼ぐ

そもそもWebライターって何?

数ある副業の中でも、最もお手軽に始められる副業がWebライターではないでしょうか。雑誌や本に掲載される文章を書く、ライターという職業は今までありました。Webライターは、インターネット上で利用される文章を書く仕事です。もちろん、Web上で文章の投稿を行いますので、ネット環境とパソコンさえあれば誰にでも出来ます。最近では、スマートフォンの普及から、パソコンを使わずに、スマートフォンからWebライターとして文章を投稿している方もいます。

時間や場所に囚われません

Webライターの最大の魅力は、時間や場所に全く囚われずに仕事が行えることです。例えばアルバイトをする場合は、仕事場まで出勤しなければならないですし、仕事が終われば、仕事場から帰宅しなければなりません。通勤や帰宅だけでも、結構な時間を無駄にしていると思います。その点、Webライターは自宅にネット環境とパソコンさえあれば、いつでも時間に囚われずに仕事が出来ますので、時間に無駄が無く、作業効率は非常に高いといえます。

文才は必要ありません

ライターと言えば、文章を書く才能が必要というイメージがありますよね。Webライターの場合、全く文章を書く才能が無くても始められます。文章として充実した内容が求められる案件もありますが、内容は二の次で、誤字脱字がない文章を書く初心者向けの案件もあります。それは、雑誌や本と違いWeb上には、SEO対策の為に内容が薄くても人間が書いた文章を必要とする人がいるためです。内容が簡単な案件は、一文字あたりの単価が低い傾向にありますが、数をこなせば相当な金額になります。

記事作成でお金を稼ぎたい場合は、げん玉のクラウドがあります。毎日多くのテーマがあり自分の好きな記事を書くだけで稼ぐ事が出来ます。

インパクトは絶大!?透明な名刺は有りなのか

透明な名刺のメリット

名刺に利用される紙はケント紙や和紙などが多いですが、最近は変わった素材が用いられる場合もあります。たとえば、透明、あるいは半透明の紙が当てはまります。透明や半透明の紙を名刺に用いるメリットですが、やはりインパクトということになります。通常の会社では、コストなどの問題もありますから、紙はオーソドックスで安いものを使うのが普通です。そのため、受け取る方はあまり見たことがない名刺ということになるので、そこから話が広がってコミュニケーションを取りやすくなります。

可読性があまり高くないという問題点

では、透明の名刺はメリットばかりなのでしょうか。これに関しては、そうとも言い切れません。というのは、まず、それほど見やすくならないことが多いという問題があります。透けてしまうため、文字の周囲が光ってしまって、見づらくなってしまうわけです。また、最近は名刺を受け取ってからスマホで撮影したり、あるいはスキャナーに読み込ませて、デジタルデータとして記録する人もいますが、撮影対象としても透明の紙は向いていません。

フリーランスであれば普通の名刺と使い分けも

ただ、透明な名刺にデメリットがあるとはいえ、デザインによってはセンスを感じさせるものになるので、クリエイター系のフリーランスには向いているといえます。そういう人は、透明な名刺以外に普通の紙に印刷した名刺も持って、どちらでも渡せるようにしておくというのもありでしょう。たとえば、住所を教える必要はない相手に渡すのは、名前のみ印刷した透明の名刺で、商談相手には普通の名刺を渡すという方法があります。そうすれば、透明の名刺のデメリットはそれほど問題にはなりません。

名刺工房を使えば手軽に自分好みの名刺を作ることができます。センスのあるデザインの名刺がたくさんあるのできっとお気に入りの名刺が作れますよ。

適度に大事!?プライバシーの守り方とは?

プライバシーを守る為に

人それぞれに自分のパーソナルスペースは大事ですよね。自分だけの時間、自分だけのスペースはないとダメな人は多いでしょう。その位自分一人の時間を作ることは大事です。いくら悩んでいて人に話を聞いて欲しい時でも、話を聞いてもらった後には自分一人で考える時間が必要なはずです。その自分一人で考えて結論を出すことができるので、どれだけ悩んでいても最後は自分で決めるのですから、一人の時間は誰にでもなくてはならないものなのです。

自分だけの居場所になるプライバシーな場所

人のプライベートに簡単に入ってこれてしまう人は最近の言葉でいうと、空気の読めない人です。そういった人は若者だけではなく、中年や高齢の人達にも同じように多いのです。人のプライバシーに関与するのはそれなりの関係にある人で、その人本人が了承している人のみが入ることの許される場所になりますので、容易に関係のない人が入ってくるのはプライバシーの侵害になります。これは心の中に土足で入り込んでくる程失礼極まりないことですので気をつけましょう。

プライベートな場所に入るには

そんな人のプライバシーですが、どうすれば入ることができるでしょうか。はたまた、人のプライバシーに入り込もうと思うのでしょうか。皆誰にも話せていないようなこと位あるでしょう。それをあえて誰かにはなさなければならない必要はありません。プライバシーには誰も入れなくてもいいのです。なのでその場所にどうやれば入れるかを考える人は何か怪しささえ感じるので関係を考えた方がよいでしょう。そうやって土足で入り込み、荒らすだけ荒らしてしまう人もいるのですから。

シュレッダーは機密書類の処分に便利です。そして、その粉砕された屑もポリ袋に詰めれば、コストのかからない緩衝材として利用できます。

自分ですぐできる!ネット誹謗中傷を防ぐためにしておきたいポイント

意見をまとめてからコメントする

ネット上では、ひとつのコメントだけで大きなトラブルに発展してしまうことってよくありますよね。自分の意見がしっかりまとまっていないうちにコメントすると、文章も不充分になってしまいがちです。ときには、自分が思っていることが相手にうまく伝わらない恐れもあるでしょう。文章は読む人によって受ける印象も変わりやすいものです。トラブルを防ぐためにも、なるべく多くの人に理解してもらえるような文章を考えるのも大切ですよ。

迷ったときはコメントしない

ネットは年代を問わず、いろいろな人がコメントしやすいのも特徴でしょう。もちろん、誰でも気軽にコメントができるのは楽しいことなんですが、価値観って人によって違いがありますよね。気軽にコメントしてみたら、返信が来て議論になってしまうということも珍しくありません。自分の思い通りにいかないと、ついイライラしてしまいますよね。コメントしようか迷っているときは、無理にコメントしないでそのままにしておくのも大事ですよ。

匿名でもしっかりモラルを守る

ネットでは、匿名でコメントすることがほとんどでしょう。しかし、事件などのトラブルが発生したときには、匿名のコメントから本人の特定がされていますよね。コメントが匿名だとしても、本人であることの証拠はしっかり残っているんです。そのため、匿名でコメントするときでも、自分の意見としてしっかり責任を持って発信するのが大事なんですよ。匿名だとつい気を抜いてコメントしてしまいがちですが、最低限のモラルはしっかり守りましょう。

サジェスト対策では、初期投資無料で実施してくれるところがあるので安心・安全に活用することができます。

ホームページは重要な顔になるので非常に大事です

何故力を入れなければいけないのか

ホームページはその企業などの顔になるものです。1番最初に訪れるものですし、その企業などをあらわすセンスあるものにすることがとても大事です。どういった会社なのかものすごく有名な会社でなければわかりませんが、魅力あるホームページであればどんどんクリックして中を見たくなります。自分たちを知ってもらって仕事や注文をもらうようにするには個性が必要です。個性は非常に大きなPRになるので、まず知ってもらうために良いものをつくる事が大事です。

ホームページで全てが変わってくる

ホームページの出来でその会社のイメージや組織や仕事内容までわかってしまいます。つまり興味を引くようなホームページであれば一挙にそこまで理解してもらう事が出来るということです。新規で参入しているような会社であれば特に事業内容を知ってもらうためにも特徴あるホームページが大事になってきます。またインターネットの世界は国内の人だけが見るわけではありません。世界中の人が見る事が出来るので、世界に事業が広がる可能性もあるのです。

ホームページはこまめに更新する事が大事

ホームページは企業の顔になるものですから見られて恥ずかしくないものにしておかないといけません。自前でつくることも出来ますがお洒落なものにするにはかなりの勉強が必要になってきます。そこで大体の企業は外部にホームページを委託する事が多いです。外部に依頼すればプロが作成してくれるので、お洒落なデザインにしてもらう事が出来ます。また大変な更新も任せる事が出来ます。魅力のないホームページは更新がないか非常に少ないのでこまめに更新する事が大事です。

ホームページ制作というのは、情報発信に大変役立つ点が魅力で、店舗や企業のPR活動においても大変有効です。

個人でホームページを作成する時代はもう今は昔?

2000年頃迄は個人サイトは自作ホームページが主流

パソコンを初めて買った時、いろんな機能を試したくて慣れない手つきで友達にメールを送ってみたり、知らない人とチャットをしてみたりしていろんなことができるようになっていきました。そのうちに旅行記や趣味などを披露したいがために個人のホームページを作りたいと思ったものです。そんな時、昔はホームページビルダーなどの作成支援ソフトを使用しつつ、あれやこれやと四苦八苦しながらやっとこさサイトを立ち上げ味わう達成感。そして作成したホームページにBBSを設置し、同じ趣味の人と交流し、相互リンクをしたりネット上のつながりも出来てホームページを作成してよかったと思うこともありましたし、何より一生懸命立ち上げたホームページはとても愛着がありました。

簡単に作れるブログ機能が誕生

ホームページでの交流を楽しんでいたある時、友人のサイトがブログに代わっており、なにやら無料で登録し簡単にブログ作成ができるとのこと。試しで作成してみたらなんといとも簡単に日記が作成できること。今まで四苦八苦して作成したホームページはなんだったの?と言わんばかりにサクサクできていくのを見ると簡単に作成できる驚きとオリジナリティが減ってしまうのではという少しのもの悲しさを覚えたものです。だけど時代は進んでいく、ブログにも慣れたころまたまた時代の変化がやってきました。

時代はSNS。懐かしのホームページはいずこへ

ある時、友人からミクシィなるものの招待を受け、登録してみた。ブログに似ているけどコミュニティやゲームなども楽しめる新感覚ないわゆるソーシャルネットワークサイトでした。招待された人しか利用できず特定の人にしか見られないのでその面では安心だったし友人同士の公開も制限できるという何とも便利なものでした。この時ちょうど出産したので同時期に出産したママさんとのコミュニティで悩みを相談できたりたくさん活用していました。さらにSNSは進化を遂げ、今ではTwitterやFacebook、インスタグラムなどいろんなSNSが出てきて私も時代に逆らわずまんべんなく利用していて本当に便利になったけれど、最近またあの四苦八苦して作ったオリジナリティあふれるホームページを懐かしく思ったりもしています。

ホームページ作成をするときに大切なことはアイデアを盛り込むことです。面白いコンテンツを充実させれば多くの人が訪れてくれます。

お店のホームページを立ち上げたい!ウェブ制作の方法

自分で制作することも可能です

お店の宣伝ページを作りたいのでホームページを作成したいと考えている場合、自分で作ることも不可能ではありません。一番シンプルな方法はテキストエディタにHTML言語でホームページの概要を書いてサーバーにアップする方法です。ただ、この方法だとデザインを変えるときに一々全てのページを書き換えなくてはなりません。後のことを考えるとデザインはスタイルシートで指定したほうが無難でしょう。スタイルシートもテキストエディタで作成することができます。

制作業者に依頼する方法もあります

ホームページの制作を請け負っている会社がたくさんあります。こうしたウェブ制作会社に作成を依頼するのも1つの方法です。プロがデザインしてくれますので、おしゃれでの使い勝手の良いデザインのホームページになりますよ。自分で作成することは不可能ではないけれどセンスに不安があるという人はプロに依頼したほうが良いかもしれませんね。ホームページはお店の顔です。あまり変なデザインだとお客さんが逃げてしまう可能性もあります。

制作を依頼した場合のメリット

ウェブ制作会社によってはホームページを作成した後のサービスを提供してくれるところもあります。ホームページを作成しただけで宣伝効果があるとは限りません。多くの人に見てもらうためには検索された時にページが上位に表示される必要があります。この対策は個人でも不可能ではないのですが、知識がないとなかなか大変ですよ。お店の売上をアップさせるためには専門の会社にお願いしたほうが良いでしょう。会社に制作を依頼する場合は、作った後のサービスが充実している会社がおすすめです。

コーディングとはコンピュータに人間が作成した仕様書などを元に意図した動作を与えるためのプログラムを記述することです。

ネット上やリアルの日常において覚えておきたい誹謗中傷対策とは

誹謗中傷の危険性とネットの関係は?

誹謗中傷とは相手を謗ったり、徹底的に悪口を言うことが関係しています。その結果、名誉毀損や侮辱、業務妨害などの法律的な問題に発展する可能性も含んでいます。リアルの日常において上司や同僚の悪口などを耳にすることがあるかもしれませんが、自分もそれに加わってしまうなら同じ罪を負う危険性が潜んでいます。さらにTwitterやFacebook、ブログや掲示板などネット上で簡単に自分のコメントをアップする事が出来るため、後に失敗したと思っても手遅れになる場合があります。そうならないためには誹謗中傷に繋がりかねない要素を理解してネットを使用することが大切です。

ネット上でコメントを書き込む際に気をつけたい点は?

簡単にコメントを投稿できる今、発言するのは簡単ですが、それを取り消すためには多くの労力が求められます。場合によっては拡散して取り消し不能な状況に陥る場合もあります。例えば職場内のイライラをネット上でつぶやいたり、人間関係でトラブルが生じた際に悪口をネット上に書き込んだりするなら、最初のうちはフォローコメントも付いたりとストレスを発散できるかもしれませんが、長期的に見るとそのコメントが履歴で残っているため対象者がもしそのコメントを見ることになれば相手の感じ方やその度合いによって訴えられる可能性もあります。また過去に発言した内容が原因で、就職や転職の際に面接官が調べてそのネット上に書き込んだ内容を確認して不採用にするというケースも生じています。普段から悪口や批判的なコメントをしてもプラスになることはまずありません。むしろ訴えられる危険性などマイナスの要因の方が多くなり、それが露見するなら大きなストレスとなり自分に返ってきます。ネット上にコメントする場合は誹謗中傷などの要素が含まれるコメントをしないことが誹謗中傷対策には有効です。火のないところに煙は立たないのです。

コメントは熱くなっている時を避け冷静になってから!

コメントはネット上に残ります。検索サイトでその人の情報を探そうと思えば投稿度合いでかなりのプロファイリングが可能です。ネット上なら何を言っても問題無いという考えは危険です。FacebookやTwitter、ブログなどを頻繁に利用しているなら注意が必要です。何か問題が発生するとそれを特定するスペシャリストがネット上には存在しています。誹謗中傷の被害にあわない、あるいは加害者にならないためにもコメントをするなら感情的に熱くなっている時はなるべく避けましょう。冷静になって考えることが大切です。何故このコメントを書き込もうとしているのか?将来的に上司や部下、友人や家族にこのコメントを見られた時、困ることにならないか?と自問することができます。もし見られて困るようなコメントであれば書き込まないことが懸命です。ネット上では簡単にコメントなどが投稿できますが、取り消すのは大変です。問題が起きてからでは手遅れということがあるので用心深く行動することが大切です。ネットでもリアルの日常でも誹謗中傷対策として有効なのはまず自分自身が小さな誹謗中傷もしないことです。むしろ前向きな会話を心がけることが大切です。

SNSや掲示板等での誹謗中傷対策には、サイト管理者に削除依頼する、警察に被害届を出す等の対策が挙げられますが、ここでもっとも重要となるのが、画像を保存して誹謗中傷が確認できる証拠を残しておくことです。

人はどうしてネットで誹謗中傷をしたがるのか!?その内容を論理的に分析!

人は自分自身の存在価値を求める生き物

誹謗中傷を知るためには、人はどうしてその様な行動を取るのかを知る事が大切ですよね。誹謗中傷と言うのは、病的な病を持ち合わせた方が脳の障害によって起こしているのでは無く、健全な方の心理的な働きによって起こされている物です。誹謗中傷と言うのは、悪口として現す事も可能であり、悪口とは相手の評価を著しく損ねさせる内容と言えるでしょう。学校のテスト内容もそうですが、人には自分自身の価値を高めたいと言う欲求がありますよね。ある意味これは、この世界で生きる自分自身に対しての存在価値として現す事も可能です。価値は高い方が望ましい物であり、高い価値を作り出すためには低い価値を作り出さなければなりませんよね。つまり、誹謗中傷とは、自分自身の価値を高めたい欲求が作り出すための行動であり、誹謗中傷によって相手の価値を低くさせるための行動と言えるでしょう。

誰もが誹謗中傷を行う潜在的な思いを持ち合わせている

私達人と言うのは、勝負事が大好きですよね。国際試合などのスポートにおいては、多くの国民が一丸となって応援する事もあります。もちろん勝てば嬉しくなる物であり、負ければ悲しくなります。これも実は自分自身達の価値を高める心理的な働きが働いていると言える物であり、勝てば価値が高まっている様な思いに浸り、負ければ価値が下がった様な思いに浸りますよね。誹謗中傷を行なっている方も、自分自身が勝負事の様に勝った様な思いに浸り優越感を感じていると言えるでしょう。負ければ価値が下がると言うのは、社会でも常に生じ易い内容であり、それは一種のストレスとして現す事も可能ですよね。ストレスを抱えている人と言うのは、自分自身の価値が低下していると感じている場合もあり、自分自身の価値を高めるために潜在的に誹謗中傷を行ないたい思いを抱えていると言えますよ。

誹謗中傷は快感を作り更に快感を求める

誹謗中傷を行なって自分自身の価値が高まる思いに浸る内容と言うのは、そこに快感を作り出す事もありますよね。人と言うのは、強い快感を得れば、同じ快感を求める行動を引き起こす事もありますよ。例えば、とても美味しすぎるケーキを食べた後、再びそのケーキを食べたいと思う衝動の様な姿です。快感を作り出す内容が他にもあれば、違う内容で快感を満たす事が出来ますが、誹謗中傷のみにしか快感を得る事ができなければ、再び同じ行動を起こしてしまう可能性がありますよね。現在は、ストレス社会とも言われている時代でもあり、ストレスを抱えない様に、誹謗中傷意外の内容で快感を得てストレスを緩和させて行く事が大切と言えるでしょう。誹謗中傷を行なっている方と言うのは、自分の姿がよく見えていない事もあり、この様な知識を自分自身を映し出す鏡として扱う事によって、自分の行なっている行動が恥ずかしい行動だと気づくきっかけにする事も可能です。

インターネットでは、どうしても誹謗中傷や悪い口コミが書かれてしまうことがあります。逆SEO対策をして、そんな気になるサイトの順位を下げましょう。